技能実習生コンサルティング

Aladdin JP株式会社では、グループの奈良県縫製協同組合が行っている外国人技能実習生をご案内できるだけでなく、ベトナム人材が継続的に就労し続けられるよう労務管理のコンサルティングもしております。

外国人技能実習制度とは
外国人技能実習制度は、日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。入国した実習生は、実習実施機関(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために3年間の技能実習に入ります。

外国人技能実習生の受け入れについて
日本での技能実習生ついては、監理団体を通じた企業様での受け入れが一般的となります。Aladdin JP株式会社では、グループの奈良県縫製協同組合(監理団体)が出国前から入国後まで一連の業務を担当させていただきます。技能実習生ベトナム人材が継続的に就労し続けられるよう日本での生活支援全般から遵守すべき労働法規の教育、トラブル発生時の解決まで受け入れ企業様に寄り添ったサポートをさせていただきます。